【NW】Ciscoデバイスのデフォルト起動順序まとめ

Ciscoデバイス(ルータやスイッチなどなど)のデフォルト起動順序まとめ。

スポンサーリンク




①POST(Power-On Self Test)の起動

デバイスのハードウェアチェックを行う。

②Bootstrapの起動

コンフィギュレーションレジスタを読み取り、起動方法を決定する。IOSイメージを呼び出し、起動する。

③IOSの起動

ルータの制御がBootstrapからIOSに移る。

④startup-configのコピー

NVRAM内のstartup-configをRAMにコピーする。RAM内ではrunning-configと呼ばれる。

⑤プロンプトの表示

ログインプロンプト「Press RETURN to get started」を表示する。
なお、④に失敗した場合(NVRAM内にstartup-configが無い場合、または、コンフィギュレーションレジスタが0x2142の場合)は初期設定を促すプロンプト「Would you like to enter the initial configuration dialog? [yes/no]:」を表示する。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする