改行コード「CR」と「LF」と「CRLF」の違いと確認の方法

windowsのメモ帳で作ったスクリプトがcentosで動かないという、
誰もが踏みそうな問題を、見事に踏んだので備忘記事。
デフォルトの改行コードがOSにより異なるので注意。

スポンサーリンク




CR(Carriage Return キャリッジリターン)

・英語で、復帰を意味する。カーソルを左端の位置に戻すこと。
・Mac(OS9以下)が採用
・unixでod -cコマンド叩くと、「\r」で見える
・sakuraエディタを使った時の改行コード「←」

LF(Line Feed ラインフィード)

・英語で、改行を意味する。カーソルを新しい行に移動すること。
・Unix、Mac(OSX)が採用
・unixでod -cコマンド叩くと、「\n」で見える
・sakuraエディタを使った時の改行コード「↓」

CR+LF

・CRとLFの融合。左端にカーソルを戻して改行すること。
・Windowsが採用
・unixでod -cコマンド叩くと、「\r\n」で見える
・sakuraエディタを使った時の改行コード⇒「↵」

unixで改行コード変える時のメモ

1、od -c [ファイル]で、現在の改行コードチェック
2、nkfコマンド、もしくはtrコマンドで変更

ちゃんとするならクライアント環境で、サクラエディタとかで改行コード変えて作り直して、アップロードし直しがベター。

参考にしたサイト

「CR」と「LF」の違い|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典
改行コードの確認
備忘録:改行コード「LF」と「CR」と「CRLF」の違い – marusunrise2〜Hello from Rwanda〜

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする