【Windows】ファイルサーバ(Windows Home Server)にWindows10から接続できなくなったのでトラブルシュートした

家の古いファイルサーバを久しぶりに付けたら、特定端末からアクセスできなかったのでトラブルシュートした。

スポンサーリンク




事象

・windows home server ※確かwindows server 2003ベース に特定のwindowsクライアントからアクセスできない
・ファイルサーバに接続できないとwindowsのポップアップ画面が表示。
・以前はアクセスできていた。端末はwindows10。他のwindows10端末からアクセスできる

やったこと

①NWのチェック

・ファイルサーバへping ⇒透過
・ルータから振られているIPの設定 ⇒問題なし
・IP直打ちでのアクセス ⇒アクセスできない

②エラーコード「0x80070035」チェック

エラーメッセージを見ると「0x80070035」がでてた。
これはネットワークのプロファイル/資格情報の不一致でよく出るエラーコード。

で、資格情報を設定し直し。
プロファイルも設定し直し。
再起動後再度アクセス。

②エラーコード「0x80004005」

SMBのバージョン違いで出るエラー。
whsは相当古いので、sambaのバージョンが古いかも。

で、windowsの機能追加からsmb1.0を有効化し、
再起動後再度アクセス。

④再びエラーコード「0x80070035」

振り出しに戻ってしまった。
で、根本的なOSの認証設定に誤りが無いか気になり始める。

レジストリで解決!

ぐぐったところ、whsは非ssl接続だったようで、webclientの認証が通っていないことが原因と判明。
で、レジストリの値をチェックすることにした。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WebClient\Parameters
の値が1になっていた。
で、2に変更する。

※ちなみに値の違いは以下
0 – 基本認証は無効
1 – 基本認証は SSL 接続でのみ有効
2 – 基本認証は SSL 接続および非 SSL 接続で有効

無事ファイルサーバにアクセスできた。

感想と今後

レジストリを変更したものの、セキュリティ的によくないんじゃね?と思う。
httpsが常識化してるし、httpでレンタルサーバのwebdavとか使うのは気が引ける。

一番の原因はファイルサーバが古すぎることだから、そろそろ組みなおしを考えようかな、。

参考サイト

HTTP の場合に Sharepoint、WebDAV、またはサイトから Office アプリケーションを開くと空白で表示される
ネットワークプロファイルの見直し
Windows10でNASにアクセス出来ない!エラーコード0x80004005 | えごいち

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする