F5だけじゃない、ブラウザでの検証に役立つ3種類のページ再読み込み方法

ページの再読み込み(リロード)には3種類ある。
案外知られていないので紹介する。

スポンサーリンク




リロード

「ctrlボタン + R」もしくは「F5」キーで実行。
最も普及しているリロード方法で、ページの再表示をさせる。

ただし、この方法ではキャッシュが効くので更新された画像などが古いまま残ってしまう。
サーバからの応答も304

スーパーリロード

「ctrlボタン + F5キー」または「ctrlボタン(shift) + F5」または「ctrlボタン + shift + R」
ブラウザのキャッシュをクリアして、ページを再表示する。
「フルリロード」、「キャッシュクリア」、「強制再読み込み」、「ハード再読み込み」などとも呼ばれる。

CSSやPDFや画像などのファイル類から、ヘッダのパラメータの再取得まで非常に役立つ。
サーバからの応答も200

キャッシュ初期化

スーパーリロードではjavascriptなど動的ファイルで取得された2次キャッシュをクリアできない。
すべてのキャッシュをクリアして再読み込みしたい場合は、各ブラウザの機能から実施する。
※ショートカットキーはない。

chromeならF12の開発者ツールから、更新ボタンを右クリックして「キャッシュの消去と再読み込み」。
IEならメニューからインターネットオプション>閲覧の履歴からキャッシュの削除。

その他

ショートカットキーを使わないなら、シークレットモードでウィンドウを起動して再度確認するのでもよい。
(リロードというより、再表示だが)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする