Windows10が起動しない!「STOP 0xC000021A エラー」の復旧方法

Windows XP または Windows Server 2003 での “STOP 0xC000021A” エラーのトラブルシューティング方法
Windows10から起動が連続してうまくいかない際に、起動エラーのブルースクリーンが走るようになった。
起動エラーをOSで修復する便利な機能なのだが、エラーから復旧できない場合も多く非常に困る。
このエラーが出た時の対処方法を5通り紹介する。

スポンサーリンク




方法1、スタートアップの修復

スタートアップの修復でブートするファイルをWindowsの機能で修復できるかチェック。
運が良ければここで治る。

方法2、セーフモードで起動

必要最低限の機能でwindowsが立ち上がるかチェック。
もし起動すればエラーログからファイルを修復すればよい。
運が良ければここで治る。

方法3、コマンドプロンプトからbcdを修正

ブートメニューシステムを変更して起動するか試す。実践動画があったのでリンクを貼っておく。
(2) How to Fix Windows 10 Error 0xc000021a – YouTube

方法4、システムの復元、アップデートの削除

直近のwindowsアップデート、直近のアプリのアップデートが何か原因しているかも。
システムの復元を試す。ただし、復元ポイントがなければ無理。

方法5、再インストール

上記で治らなければ、初期化するしかない。
起動ファイルの問題であって、その他のデータは生きている可能性が高い。
別PCにUSBケーブル等で繋いでディスクにアクセスし、必要なファイルをバックアっプしてから初期化する。

まとめ

起動エラーは心臓に悪い。
常にバックアップを取ることを忘れないようにしたい(戒め)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする