【Linux】検証環境の用意 Virtual Boxのインストール方法


Linuxの検証環境として、仮想化ソフトをインストールし、
仮想ソフト上で検証OSを利用する。

1、Virtual Boxのインストール

①「VirtualBox platform packages.」より、各OSにあったリンクからダウンロード。
Downloads – Oracle VM VirtualBox
virtual_box
例) windows ⇒ VirtualBox 5.0.4 for Windows hosts x86/amd64
  Mac   ⇒ VirtualBox 5.0.4 for OS X hosts amd64
Downloads – Oracle VM VirtualBox

②インストーラを実行する。「次へ」を押してインストーラの指示通りインストール。
インストーラ1
※下記のようなメッセージが表示された場合は「インストール」をクリックする。
インストーラ2

2、仮想マシンの作成

例として、centosで仮想マシンを作成する。

①OSのイメージを用意する。

※例としてcentosのイメージを用意する。
Index of /Linux/centos/6.7/isos/x86_64
ダウンロード方法などについては下記記事を参照。
【Linux】検証環境の用意(VMware Player) | にらごまどっとこむ

②Oracle VM VirtualBox マネージャーを起動する。
起動画面

③左上の「新規」のアイコンをクリック。名前とオペレーティングシステムを入力。
 ここではcentos6を使うので、名前は任意、タイプはLinux、バージョンはRed Hatとした。次へをクリック。
1

③メモリサイズの選択。推奨値の768MBとした。次へをクリック。
2

④仮想ハードドライブの作成について。「仮想ハードドライブを作成する」にチェックを入れて作成をクリック。
3

④ハードディスクのファイルタイプについて。「VDI」にチェックを入れて次へ。
4

⑤物理ハードディスクにあるストレージについて。「可変サイズ」で次へ。
5

⑥ファイルの場所とサイズについて。特に変更せず作成をクリック。
6

⑦仮想マシンが作成されたことを確認。左上の設定から仮想マシンの設定を開く。
7

⑧ネットワークを選択肢、割り当てを「NAT」から「ブリッジアダプター」に変更し右下のOKで閉じる。
8

⑨左上の起動を押して、仮想マシンを起動する。

⑩起動時に1でダウンロードしたcentosのイメージを選択し、OSが起動するのを待つ。
10

■関連
【Linux】検証環境の用意(VMware Player) | にらごまどっとこむ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク