令和2年(2020年)春期の情報処理技術者試験はコロナで中止?延期?

4/19(日)にIPAの試験を受ける予定だったが、新型コロナウイルスの影響で実施されるかどうか気になる状況だ。
現在の状況や過去の対応をまとめてみた。

スポンサーリンク




現在の状況

公式サイトでは今のところ実施予定と案内がでている。

■令和2年度春期試験の実施につきまして(2020年2月27日掲載)
令和2年度春期情報処理技術者試験、情報処理安全確保支援士試験につきましては、現時点では、4月19日(日)に実施する予定です。
なお、試験の中止、延期など、試験日前に受験者の皆様への通知事項がある場合は、当ホームページに掲載します。
試験前には、必ずホームページで情報を確認してください。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験

試験の中止・延期の際はホームページで発表とのこと。

過去の中止、延期の例

今までに中止や延期になった例がある。

平成23年(2011年)春期 東日本大震災

3/11に起きた東日本大震災により、全地域の受験が延期。
約2週間後の3/25に発表された。

延期日

当時の延期日は以下。2か月ほど先に延期された。

■応用情報技術者以上の高度試験⇒⇒⇒6月26日(日)実施
・応用情報技術者試験(AP)
・プロジェクトマネージャ試験(PM)
・データベーススペシャリスト試験(DB)
・エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)
・情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)
・システム監査技術者試験(AU)
■ITパスポートおよび基本情報技術者⇒⇒⇒7月10日(日)実施

平成28年(2016年)春期 熊本地震

4/14に起きた熊本地震によって、沖縄以外の九州地方での試験が中止になった。
試験地が九州の人や、九州地方に住所がある人の一部に返金や次回受験への振替の対応があった。
また一部免除の対象者は次回の試験まで延長になった。

令和元年(2019年)秋期 台風19号

台風19号で被災した地域の受験者、試験会場が被災した受験者は返金、次回受験への振り替えの対応がされた。
発表されたのは直前。3日前。
 令和元年台風第19号により被災

中止より延期を求む

せっかく勉強したので、中止せずに延期してほしい。
1年に2回、高度試験は1回しかチャンスが無いので前向きな対応をとってほしいところだ。

続報

中止の発表がでました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする