Path MTU Discoveryブラックホールのトラブルシュート

備忘記事。
ユーザから新サービスのページの一部が表示されたりされなかったりすると問い合わせ。
パケットを見ると一部パケットがロストしている。
どうせアプリが原因じゃねーの(鼻ホジ)て感じで、アプリ担当者に確認依頼して放置していたら、実はNW機器が問題で火傷してしまった。

スポンサーリンク




事象と原因

MTU(一回のデータ伝送で送信可能なデータグラムの最大値)は、NW機器で値を固定する方法と、Path MTU Discoveryで経路上で最小値を検出して送信元へICMPで最小のMTUを連絡しMTUサイズを自動修正する2通りの方法がある。

で、後者の場合、MTUのサイズ調整で適正なMTUを連絡するために、サイズが違う時は
ICMP Destination Unreachableが送信元へ返されるのだが、ICMPを不許可にしているNW機器があり、通信ができていないことが分かった。

対処

該当NW機器でICMPのDestination Unreachableは通信できるように再設定。

参考

【基礎から応用まで】Road to ネットワークスペシャリスト
Path MTU Discoveryとは – その1
Path MTU Discoveryとは – その2

でかいファイルのリリース時は要注意。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする