【Windows】ネットワーク設定(IPアドレス)を変更するバッチファイルの作り方

ネットワークの検証をしていると、IPアドレスを何度も変更することがある。
いちいちコントロールパネルからネットワーク設定を開いて変更するのが面倒なので、バッチを作った。

スポンサーリンク




手動設定バッチ

以下をメモ帳などテキストエディタに貼って、「.bat」の拡張子に変更して実行すればOK

@echo off
netsh interface ipv4 set add name=”アダプター名” source=static addr=”IPアドレス” mask=”サブネットマスク” gateway=”デフォルトゲートウェイ

※赤字箇所は自分の環境に合わせて変えること。

例えば、
アダプター名「ローカル エリア接続」
端末のアドレス「192.168.1.2」
サブネットマスク「255.255.255.0」
デフォルトゲートウェイ「192.168.1.1」
にしたい時は以下。

@echo off
netsh interface ipv4 set add name=”ローカル エリア接続” source=static addr=”192.168.1.2” mask=”255.255.255.0” gateway=”192.168.1.1

ちなみに、短縮して以下でもOK

netsh interface ipv4 set add name=”ローカル エリア接続” static 192.168.1.2 255.255.0 192.168.1.1

自動設定(DHCP)バッチ

自動で割り振りたい場合は以下のようなバッチでOK

netsh interface ipv4 set add “ローカル エリア接続dhcp

DNSも設定したい場合

以下のようなバッチでOK

自動設定

netsh interface ipv4 set dns “ローカル エリア接続dhcp

手動設定

※DNSサーバ「192.168.1.3」とする

netsh interface ipv4 set dns “ローカル エリア接続192.168.0.1

batファイルが実行できない

管理者権限で実行すること

拡張子を「.txt」から「.bat」に変更できない

下記記事にて解説。
Windows ファイルの拡張子を表示させる方法 | 運用エンジニアの覚え書き
「ファイル名を指定して実行」から起動したいなら「control folders」でOK

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする